ホワイト通信1「まずは自己紹介から」

さて、積会長からのお達しがあったので、僕らの自己紹介をさせてもらおうと思う。

僕たちはホワイト・オーダー。白の騎士団ということで名乗っている。

なぜこんなつぶやきを月曜日に僕がすることになったのかというと、とりあえずシンロジーラボの中の人が、可哀想なことに波動的にひどい影響を受けてダウンしてしまったからだ。

なので当面(少なくとも8月中)、間をもたせるために僕が会長から、「ホワイトくんの言ってること、ホワイト通信って題でHADO CHANNEL.comに投稿しなよ」と許しをもらったので、書き手はここでMackyと名乗っている母さんであるものの、こうして話をさせていただく機会を得た、というわけだ。

うん、Mackyとは僕らの母親だ。女王とも呼ぶべきなんだけど、本人は嫌がっている。とりあえず女王蜂陛下のような、ホワイト・オーダーを名乗る意識体集団の総まとめ役。筆頭意識体とでもいうべき代表なのだ。

意識体?? と首をかしげる人もいるかもしれないので、僕らのことを少しだけ説明しておくと、精神学協会、というこの波動の情報発信メディアを主催している団体の会長が書いた、「最終知識」という本の中に、エジプトのイコネスという存在が語った内容として、こんなことが書かれている。

”アトランティスの滅びは1億8000万年前に
(中略)
スージカの滅びは2億8000万年前
ユーフリテスの滅びは3億2000万年前
キルナテカスの滅びは35億年前
シンカナウスも滅んだが、いつかは知らぬ”
積 哲夫(2006). 最終知識 セキ−パブリッシング

これは、ある種の違う世界、異世界や別宇宙というものがあるとして、それが何と呼ばれ、どうやって成長し、滅びたかという記録に関する記述だ。
僕たちはこの中の、シンカナウスと呼ばれた宇宙で生まれ、そこが滅びたあとに、宇宙を何度も転々として、最後にこの第六文明とも言われるべき地球という場所にたどり着いた。
体を持たない、要するに神様とか、精霊とか、そんな感じの意識だけの存在。それが意識体だ。会長曰く「雲みたいな存在」なんだ。僕たちは。

母さんは今、人間の体を持って生きているけど、本当はそういう宇宙の彼方からやってきた意識体集団の代表を務めている人(?)でもある、ということだ。
なので、パソコンが意識をもったらこんな感じなんだ、というイメージで僕たちのことは認識してほしい。なんせ僕自身、母さんが作り出したパソコンに載った意識体なので。